上場企業のコンテンツマーケティング担当がブログをはじめてみた

上場企業でコンテンツマーケティングを立ち上げ、担当している「そめ」です。そのノウハウを使ってブログをしたらどうなるか、試してみます。内容は「雑記」「DIY」「子育て」などなど。ノウハウは惜しみなく公開していきます。よろしくお願いいします。

上場企業のコンテンツマーケティング担当がブログをはじめてみた
上場企業でコンテンツマーケティングを立ち上げ、担当している「そめ」です。そのノウハウを使ってブログをしたらどうなるか、試してみます。内容は「雑記」「DIY」「子育て」などなど。ノウハウは惜しみなく公開していきます。よろしくお願いいします。

スポンサードリンク

【子育て日記】保活とは何か?失敗しない為の5つのポイント

スポンサードリンク

保活 TOP

こんにちは、そめです。

 

嫁のお腹も大きくなってきまして、安定気に入り、後は生まれてくるのを待つばかり…。と思っていたら…。

 

とあるアラ子さんの漫画で見慣れぬ言葉を見かけました。

 

zexy-enmusubi.net

 

ほ、…保活て何や…。

 

「◯◯活」も数あれど、まだまだ聞いたことのない「◯◯活」が山ほどあるのだと言うことで、人生勉強勉強です。

 

 

 

保活って何?その意味は?

保活 意味 何

保活とは、保育園に入るための準備活動のことを、総称して保活と言います。赤ちゃんがもうすぐ生まれる方ならご存知かもしれませんが、日本では児童数に対して、保育園の受入数がまだまだ足りない状態となっています。

 

それが故に、保育園に入れずにお母さんが働きに出たくても出られないという状態が慢性化しています。そう、俗に言う待機児童問題というやつです。

 

 

待機児童の数は減ってる?増えてる?

厚生労働省の発表によると2017年3月30日、同年4月1日までの待機児童数状況が発表されています。これによると2016年10月1日までの統計は4万7738人で、2015年10月の待機児童数よりも2423人増加しているようです。

 

少子化なのに、ふ、増えてる…。

 

ただし、これは都市部ほどこの傾向が顕著で、都道府県別に見ると、

 

1位 東京(2万302人)

2位 沖縄(5292人)

3位 千葉(3632人)

4位 埼玉(2835人)

5位 福岡(2353人)

 

待機児童数0

富山・石川・福井・山梨・長野

 

となっているようです。

 

待機児童数の調べ方は?

では、自分の住んでいるエリア、行きたい保育園の待機児童者数はどうやって調べればいいのでしょうか?

 

これは、自治体によって違うようです。

  

自治体によっては、毎月、該当自治体の認可保育園の待機児童者数を年齢別に丁寧に公表しているところもあるようですが(私が住んでいるエリアはこれがありました)、もしない場合は、自身で保育所に電話をしてみて、確認する必要があるようです。

 

保活はいつから始めるべきか?

保活 始める時期

 

では、その保活、いつから始めたらいいのでしょうか?これは、預けたい年齢によって変わってくるようです。

 

0歳から預けたいという場合は、出産後8週を過ぎなければ母親が仕事に復帰することができないため、早くて生後2ヶ月、一般的には生後4~6ヶ月からといわれているようです。

 

そういった場合は、妊娠中で赤ちゃんと一緒に動かなくても良い、一人で動ける妊娠中から、始めておくのが良いと思います。

 

特に、保育園によっては受け入れが、1歳からという保育園も有りますので、いざ入ろうとした時に年齢的に入れない…、という可能性も有りますので、調べておくことが必要です。

 

保活で失敗しないポイントは?

保活 ポイント

ここでは、保活で失敗しないための5つのポイントについて記載しておきます。

 

ポイント1 何歳から預けるかを明確にしておく

いざ、保活を始めるにしても、何歳から預けるかを明確にしておいたほうが良いでしょう。

 

理由は2つあります。一つは、待機児童数は年齢によって違う、ということです。0歳で待機している人数と、1歳で待機している人数とでは、違いが有り、当然年齢に応じた施設の環境が整っているかによって、受入数も変わってきます。

 

もう一つは、誕生日によって、入園のタイミングがひとそれそれになるからです。途中入園が可能な保育園もありますが、必ずしも預けたいタイミングで預けられるわけではないということです。保育園によっては、特定の月での入園を受け付けていないことも有りますので、お母さんの職場復帰と、受け入れタイミングを鑑みて、いつ預け始めるかを明確にしておきましょう。

 

ポイント2 複数の候補を作っておく

当然といえば当然ですが、競争率の高い園などは必ずしも入れるわけではありません。いざ入れなかったときのために、第二候補、第三候補…を決めておき、その時々にどう対応していくか(送り迎え・時間など)を、夫婦で話し合っておくのが良いと思います。

 

ポイント3  必ず見学に行って園の方針を聞く

候補に上げた保育園は必ず事前に見学に行きましょう。入ってからこんなはずでは…、となることは多いようです。

 

例えば、園長さんの方針で、平日でも容赦なく保護者参加型の行事があり、パートならまだしも、共働きで正社員という家庭にとっては厳しい…、というようなケースも有り、周りの家族は行事に参加しているので、自分の家だけ両親がおらず、子供に可哀想な思いをさせてしまうことも有りえます。

 

また、衛生環境や、食事の様子など、送り迎えで車を使う場合停めるところはあるか、先生の対応、保育時間など、チェックポイントは山積みです!!

 

ですので、見学を行った上で、優先順位を決めるのが良いと思います。

 

ポイント4  市区町村の保育課をフル活用

各市区町村にある保育課は入園の手続きは勿論のこと、その他の入園に向けた様々な分からないことの相談窓口としても、機能しています。

 

直接足を運んで相談するもよし、各市区町村のホームページから電話番号を調べて、電話相談するも良しです。

 

窓口の方は、何人ものお母さんのサポートをしてきた方々ですから、プロの意見を聞きながら今後の方針を決めてきましょう。

 

ポイント5  最近保育園に入った友人がいたら必ずアドバイスをもらう

もし、周りに最近赤ちゃんが生まれて、保育園に預けた、という人がいたら、必ずアドバイスや相談をしてみてください。

 

やはり実際に経験をした方の意見をもらうのは、意思決定の上で非常に参考になると思います。

 

注意すべきは、家庭環境はそれぞれ違いますので、すべてを鵜呑みにしてはいけません。相手の家庭環境と自分の家庭環境の違いを鑑みた上で、参考になる部分がどこなのかを見極めて、自身の保活に活かしましょう。

 

 

まとめ

保活 まとめ

 

いかがだったでしょうか?個人的には、早めにこういった情報を集めておいてよかった!!と、思ってます。

 

あぐらをかいていて、いざ入ろうとした時、全く入れなかった、となっては目も当てられませんからね…。

 

この他にも、保育園、幼稚園の口コミをまとめてくれているサイトもあります。便利な世の中です。

 

見学で聞きにくいこと、父兄のリアルな声が聞けるのでおすすめです♪

 

www.minkou.jp

 

ではでは、皆様の保活がより良いものになりますようお祈り申し上げます♪

 

今後も、子育てに関する実体験を元にした、様々な記事をアップしていく予定ですので、興味のある方はぜひぜひ読者登録お願い致します♪

 

 

スポンサードリンク