上場企業のコンテンツマーケティング担当がブログをはじめてみた

上場企業でコンテンツマーケティングを立ち上げ、担当している「そめ」です。そのノウハウを使ってブログをしたらどうなるか、試してみます。内容は「雑記」「DIY」「子育て」などなど。ノウハウは惜しみなく公開していきます。よろしくお願いいします。

上場企業のコンテンツマーケティング担当がブログをはじめてみた
上場企業でコンテンツマーケティングを立ち上げ、担当している「そめ」です。そのノウハウを使ってブログをしたらどうなるか、試してみます。内容は「雑記」「DIY」「子育て」などなど。ノウハウは惜しみなく公開していきます。よろしくお願いいします。

スポンサードリンク

【DIY】発泡スチロールレンガで壁を北欧風にしてみた。【安くて・簡単!!】

スポンサードリンク

 

こんにちは「そめ」です。今回は、DIYネタで「発泡スチロールレンガ」で壁をいい感じにしてみたいと思います。

 

 

before after

ひたすら真っ白で、まったく面白みのない壁でした。

 

 

こちらがafterです。真ん中に人工芝をいれて、ボタニカル調に。この人工芝も。ゆくゆくは100均の造花などを使って、デコって行きたいと思ってます♪

DIY・発泡スチロールレンガの壁・after

 

まだ、完成ではないので、ちょっとづつこれも、いい感じにしていきたいと思ってます♪

 

まずは、ここまでの、やり方を、反省も交えながら説明したいと思います。

 

STEP1 壁の採寸

まずは、壁のサイズを正確に図ります。ミスってしまうと、発泡スチロールが、以上に余ったり、最悪なのはいざやり始めて足りなかったりするので、綿密にどこに、どのサイズを貼るか、考えておきます。

 

▼ 頑張って分かりやすく残しておきました。もちろん手書きでもいいです。

DIY・発泡スチロールレンガの壁・採寸

 

 STEP 2 材料購入

さて、作業に入るにあたり、材料をあらかじめ用意しておきます。用意するものはこちら。

 

発泡スチロール・長めの定規・鉛筆

DIY・発泡スチロールレンガの壁・発泡スチロール

はい、まずこれがないと始まりません。発泡スチロール。僕は近所のホームセンターで縦200cm×横120cm×厚み1cmくらいの大きなやつを6枚買ってきました。

 

一枚、300円程度です。

 

今にして思えば、もう少し厚みのあるやつの方が良かったかなと思いました。貼る時に厚みを気にせず貼れる方は、2~3cmくらい厚みのあるもののほうが、後からDIYしやすいです。

 

後は、1m程度の定規と、鉛筆があればオッケーです。

 

▼今回つかったものの厚み

DIY・発泡スチロールレンガの壁・厚み

 

半田ごて

半田ごては、発泡スチロールをレンガの調にするための溝を彫るのに使います。

 

オススメは▼こちらです。


 

 

半田ごてを、発泡スチロールにつけると、本当に一瞬で溶けます。先が太いものや、あまりに30~40Wのものは、熱が強すぎて、繊細な加工が出来ないので、20Wくらいのでやるのがおすすめです。

 

ペンキ・はけ

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アサヒペン 水性スーパーコート 1.6L つや消し白【RCP】
価格:2390円(税込、送料別) (2017/7/23時点)


 

 

今回は真っ白なものにしたかったので、白ペンキを購入しました。ここで僕が失敗したのが、何も考えずに、「ツヤあり」を購入してしまったことです…。

 

レンガ感を出すためには圧倒的に「つや消し」をオススメします。ツヤありも、年数とともに艶は消えるらしいですが、やはりレンガっぽさを演出するのには、向いていないと感じました。

 

はけは、100均のもので十分です♪

 

目地材

 


 

 

僕は、これをペンキを塗る前に、これを下地にして、発泡スチロール感を消しました。バケツのような容器に水と目地材を入れて、お好み焼きの返しのような、ヘラを使って塗っていきます。

 

いずれも100均で購入可能です♪

 

両面テープ・マスキングテープ

 


 


 

 

発泡スチロールレンガ壁を貼る際に、賃貸などの方は直接壁に両面テープを貼ると、壁紙が剥がれたりして大変ですので、まず、マスキングテープを貼って、その上に両面テープが来るようにしてください♪

 

 STEP 3 壁作り開始

カッティング

 まずは、STEP1図ったとおりに、定規と鉛筆で、ラインを書いていきます。

DIY・発泡スチロールレンガの壁・線引き

 

ラインの通り、カッターでカッティング。板が揃いました。

DIY・発泡スチロールレンガの壁・カット

 

複雑な形の部分も丁寧に採寸し、カット。事前にぴったりはまるか合わせておきます。

DIY・発泡スチロールレンガの壁・はめる

 

線引き

次は線引きです。▼こんな形で、発泡スチロールに鉛筆と定規で、線を書いていきます。僕は10cm×20cmで書いていきましたが、これはお好みで♪(もう少し細長くても可愛かったかなと思ってます)

DIY・発泡スチロールレンガの壁・網目線引き

 

パーツが分かれてる部分は、合わせた時にラインがズレないように、重ね合わせながら確認します。

DIY・発泡スチロールレンガの壁・線を合わせる

 

レンガ調に半田ごてで線引き

いよいよ、半田ごてで鉛筆で書いたラインを掘っていきます。掘ると行っても、一瞬で溶けて溝ができますので、慎重にやっていきましょう。

 

まずは▼あまった発泡スチロールで、練習してみて、感触を掴んでください。

DIY・発泡スチロールレンガの壁・練習

 

完成形はこんな感じ。

DIY・発泡スチロールレンガの壁・溝

 

溝の深さはこんな感じです。

DIY・発泡スチロールレンガの壁・溝の深さ

 

個人的には、もう少し分厚い発泡スチロールを買ってきて、溝深め、溝の幅を大きくすればよかったなと反省しました。

 

人工芝サイズに穴あけ

 


 

 

これは、お好みですが、普通では面白くなかったので、僕は人工芝を埋め込んでみました。結構リアルなものが、サンプルだと20cm角で200円とかで売っているんので、オススメです。

 

この上から、100均の草の造花などをDIYしていくと、かなりボタニカル調の可愛い壁になると思います。

 

このサイズに合わせてカットします。

 

DIY・発泡スチロールレンガの壁・人工芝

 

目地材塗り

いよいよ雰囲気だしの目地材を塗っていきます。これで、一気に発泡スチロール感がなくなりますよ♪

DIY・発泡スチロールレンガの壁・目地材塗り

 

目地材は水分量に気をつけて、水は指示通りに入れないと、ちょっと多すぎるだけでもしゃぶしゃぶになっちゃうので、注意してください。

 

ペンキ塗り

目地塗り後は、1時間ほど乾燥させて、目地が固まったら上からペンキを塗っていきます。

 

f:id:some20:20170724003034j:plain

 

こんな感じのローラーがあると便利です。もちろん、100均のはけなどでも十分です♪

 

乾燥

塗り終わったら、良く乾燥させます。天日で乾かしてあげると、ペンキの匂いも気にならないようになりますので、何度か天日で乾かしてあげるのがおすすめです。

 

 

 STEP 4 貼り付け

後は、貼り付けです。先に用意した、マスキングテープを壁紙側に先に張り、その上から両面テープで固定します。

 

人工芝も、はりはり♪

DIY・発泡スチロールレンガの壁・貼り付け

 

完成!!!

f:id:some20:20170724003629j:plain

 

完成です!!

 

今後、溝をもう少し目立たせるために、水彩で色付けしたり、人工芝部分をデコったりと、もう少しDIYしてみたいと思ってますので、完成次第ご報告いたします!!

 

(2017年8月4日更新)

▼続きはこちらから!!

www.contents-marketing-diary.com

 

DIYのまとめは▼こちらから

 

contents-marketing-diary.hatenablog.com

スポンサードリンク